「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」がついに完成!
特許情報プラットフォーム手引の決定版!一週間後には様々な分野で必要な正しい調査の知識が身につきます
既存の特許や商標にも抵触せず、権利範囲がしっかりした特許や商標を出願するためには、ご自分で事前調査をすることをお勧めします。

特許を出願しても拒絶された方・商標で警告書を送られ、肝を冷やした方・・特許や商標の出願について一人で悩むのはいますぐ終わりにしてください!

あなたはこのような悩みを抱えていませんでしょうか?

  • 自分で特許出願してみた。その後審査請求を行ったが、拒絶理由が通知されてきて、どうすればよいかわからない
  • 自分が作ろうとしている製品が、既存の特許に抵触しないかと心配だ
  • 画期的な発明をしたと思うのだが、特許を持っていないと勝手に技術を利用されそうで怖い
  • 新しいコンピュータの周辺機器を開発したのだが、どこに新規性を見出せばよいのか不明だ
  • 新しいアイディアで製品をつくったのだが、特許情報プラットフォームを見るとすでに同じような製品が特許出願されている。オリジナリティを出すにはどの点に気をつければ良いかわからない
  • 類似品とは何を基準に決めているのか?

「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」なら様々な分野で必要な正しい調査の知識が身につきます!

いつでもどこでもOK動画教材
特許だけではない商標や意匠の解説
特許情報プラットフォームの使える機能の説明

実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜

お申込みはこちらから

特許って、結局どうすればいいの?弁理士 福永正也のニュースレターで解決!

メールアドレスを登録するだけで、特許に役立つ情報満載のニュースレターをお届けします!

なぜ、特許や商標の疑問や悩みが解決しないのか

特許や商標に関する疑問やお悩みをお持ちの方も多いでしょう。この点については以下に詳しく書きます。まずはお付き合いください。

ご存知でしょうか
世の中の特許などの調査に関する教材は、権利を取りたいと、今、まさに思っている人にとっては、適切なものが少ないのです。
特許庁が開催しているセミナーは、画一的でどう使えばいいかわかりにくいし、逆に民間で弁理士などの専門家が行っているセミナーは内容が難しすぎます。 いま、このページをご覧になっているあなたは、せっかくのご自身の発明品、これは画期的な新技術だ!と思うオリジナルの技術を、どうやって守っていこうか悩んでいることと思います。

特許は特に技術系の会社にとっては肝になる権利です。
それなのに、自分で行った特許の出願の仕方が不適切だったばかりに、せっかくの特許が使える範囲の狭いものになってしまったり、専門知識のない弁理士さんに頼んでしまったばかりに、本来の権利範囲からはずれた、全く使えない特許になってしまっているケースが散見されます。

そうです。一概に特許取得といいますが特許取得の仕方はすべて同じではないのです。
同じ製品について特許を申請するにしても、特許には「その分野の製品に適した取得の仕方」があるのです。

たとえば、私の事務所では、

  • ●電気・電子
  • ●コンピュータ関連(ハードウェア・ソフトウェア)
  • ●通信機器・通信ソフトウェア
  • ●ロボット/メカトロニクス・制御ソフトウエア
  • ●光工学
  • ●各種機械
  • ●日用品

などの分野の特許取得を請け負っていますが、遺伝子工学、バイオ関係は扱っていません。
なぜなら遺伝子やバイオ分野での専門知識を持つ弁理士がいないからです。この点は正直にいいます。
私の事務所では決して出来ない依頼は引き受けていないのです。

これはあなたがご自分の発明品を特許申請する際、どの特許事務所を選ぶのもご自由なのですが、出来ない依頼を気軽に引き受けない事務所、つまり、専門分野がはっきりしており、それ以外の依頼は引き受けない姿勢がはっきりしている事務所を選ぶことは、あなたにとって重要なことになるでしょう。

それでも、自分には難しいと感じるあなたには、幸運にも弁理士歴15年の私からお話できることがあります。
このまま私の文章にお付き合いいただけるなら、このレターを最後までお読みください。読むだけでも損はさせません。

なぜ、権利取得を重視するのか

ここで少し話がそれますが「なぜ私が権利取得を重視するか」についてお話しましょう。

今の世の中は先行きが不透明といいます。各種税率はあがっていますし、かといって自分が歳をとったときに年金が貰える保証すらありません。
そんな中、例えば、自分の発明品をもち、それらの特許を取得し、法律で保護された利益を得る・・・
これは大きい保険になるのではないでしょうか?

ビジネスにおいて重要なことは主に二点あります。

ひとつはもちろん、お客様のニーズを知り、その情熱、夢、未来に寄り添うことです。これがないと、どんなビジネスも不誠実なものになってしまいます。
もうひとつは法律面です。これは、国税庁や各種監督官庁の規制に従うこと、これをしっかりやらないと国税の調査が入ったり、監督官庁の指導が入ってしまったりします。

もうひとつの法律面といえば、ズバリあなたのビジネスを保護してくれる側面です。これこそが保険です。法律というと「規制される側」で考えがちです。しかし、裏を返せば法律はあなたの権利を確実に保護してくれます。その一つが特許権、商標権、などの知的財産権です。

なぜ、私が弁理士の仕事をしようと思ったのか

自己紹介が遅れました。私は弁理士の福永正也と申します。

  • 北摂国際特許事務所 代表弁理士 福永正也 Masaya Fukunaga
  • 士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」主宰
  • 株式会社アイ・ティー・プロパティ 代表取締役

「対話を通じてはっきりさせる」これが私の基本です。
ちなみにですが、

  • 1983年に大阪大学工学部造船学科を卒業しました。
  • 同年から住友重機械工業株式会社にて勤務、1994年から株式会社オージス総研にて勤務しました。
  • 1997年から特許事務所に勤務し、2000年に弁理士登録しました。
  • 2004年に特定侵害訴訟代理業務付記登録
  • 2006年に北摂国際特許事務所を開設しました。

他にも、
●日本弁理士会ソフトウェア委員会
●日本ITストラテジスト協会
●日本弁理士会著作権委員会

などの委員(会員)を歴任していますが、何も肩書を誇示したいのではありません。ほとんどの人には心に響く話ではないでしょう。今のは私がなにをやってきたかをざっと書いたにすぎません。

私がなぜ弁理士の仕事をしようと思ったのか、私がいま、この文章を書いているまさに肝になっている部分とはなにか・・・?
それを今からお話します。

IT企業の労働組合書記長からリストラ〜知的財産の世界へ

出版取次大手の創業者社長であった祖父と、何かと折り合いの悪かった私。恵まれた環境であることにも気づかない、ただの跳ねっかえりでした。
そんな私を、今から思えば不思議と高く評価してくれていたのが、当時「大阪の妖怪」と呼ばれていた女性秘書。
私は、幼少(幼稚園児)のころから、彼女から「人を見る目」を徹底的に叩き込まれました。

人の考えていることが見えるだけに、なかなかうまく人付き合いのできない私。
そんな私の転機が、当時IT企業では珍しい労働組合結成に書記長として参画したことでした。自分の言いたいことを伝えられないコンピュータ畑の方々にどう理解してもらい、どのように納得してもらうのか。日々悩む中で、「人を見る目」を活用することに気付き、対話をからめた交際術の原型を確立しました。

そして、SEとしてキャリアを順調に形成するものの、何か違うと感じ続けたある日、親会社の経営不振から突然のリストラに合いました。当時、上の娘が生まれたばかり。しかも家をローンで購入したところ。親会社からの出向者から順に切るという、前代未聞のリストラに目の前が真っ暗になりました。
その過程で出会った某メガバンクの副頭取さんに、「お前は本当は何をしたい?」と聞かれたことで、今までSEがほとんど意識していなかった知的財産の世界へ進むことを考え始めました。

しかし、弁護士に聞いたら「特許なんて知らない」、弁理士に聞いても「ソフトは特許にならない」と門前払い。
これでは、日本のソフトウエア開発は終わる、と感じ、一念発起して自らがソフトウエアを守る弁理士になると決意しました。
その後、特許事務所へ転職。指導弁理士から「特許の明細書を500件書いたら半人前だ」と言われました。
そこで、5年間で500件を達成、独立時には1000件を優に超え、しかもその半数がソフトウエア関連という、名実ともにトップクラスの弁理士となりました。現在でもシステム開発経験10年以上で弁理士業10年以上の弁理士は、弁理士約10000人中、片手で足りるでしょうか(私の周りにはいません)。

2006年に独立開業し、対話をからめた交際術を駆使して、全くの顧客0から6年で51社の新規顧客を開拓。
特許事務所冬の時代と言われ、新規事務所1つ当たり2-3社でオンの字という業界の常識をぶち破りました。
一方で、士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」を主宰。500名強の士業ネットワークをベースに士業の役立つ情報を発信するとともに、知的財産に限定しない様々なテーマでセミナー講師としても活動中です。
上にも書きましたが私はセミナー講師もしています。しかし、私はすぐに「セミナーに来い」なんて言いませんよ。だって世の中の実に多くの(自称)コンサルがいるからです。そういう人は、「営業ですぐに良い成績を上げられます」などと言いながら、成果が出ないと「それはあなたの努力が足りないからです」なんて言ってしまうんですね。

え?ノウハウよりも根性系になったの?って(笑)

私は人と人の繋がりしか結局のところ大事にしていません。
例えばあなたが病気になって医者にかかったとします。あなたは患者ではありません。つまり、患者という十把一絡げの存在ではなく一人の人間です。
良い医者ならあなたを「患者」という括りではなく一人の人間として診てくれるでしょう。
そうでない医者にとっては、あなたは「患者全般」というわけのわからないものになってしまいます。

私はクライアントさんを単なる依頼人全般などという、顔のない存在とは見ていません。

特許を取るというと一概に法律的で事務的なイメージがありますが、一人ひとりに独自の悩み、苦しみがあり、私の仕事は依頼者様一人ひとりに見合った「特殊解」を探し、依頼者一人ひとりの気持ちに寄り添いながら、その方が申請したい特許の落とし所を探すことだと考えています。
ここは私にとって譲れない部分です。
それが出来ないなら私は弁理士業を廃業してもいいくらいの気持ちでやっています。
私がどういう気持で弁理士業をやっているかについてはこのくらいにしておきましょう。

特許などの調査には実はコツがある!

特許などの調査に関しては、実はですね・・・コツがあります。

特許庁の情報プラットフォーム、J-PlatPatを見ても、いまいち検索の仕方が分からない・・
しかしこの「いまいちわからない」というのが時には致命的になってしまいます。

なにしろ特許庁が提供している特許情報プラットフォーム、J-PlatPatというサイトは非常に優れ物で個人で特許や商標を取得するには不可欠なサービスなのですが、これをいきなり使いこなせる人はいません。

また、権利を取得する前には、類似しているものがないか、あるいは、類似しているものが既に登録されていないか、サーチする調査が必須になりますが、調査については、すべての分野について、完璧にこなせる人はプロの弁理士にすらいないのが現状です。
(私は何でも調べられます。私に任せてくだされば大丈夫、などという弁理士に出会ったら眉に唾をつけて聞いていただきたいものです (笑)

とはいえ、特許情報プラットフォームは、一度使い方を覚えれば素人にでもかなり使えるのです。
ただ、使い方が分からないと便利なサービスやプログラムも使いようがありません。

一般的なソフトウエアで言えばExcelを使ったことがある方は多いでしょう?
世間には様々な「Excel裏技集」みたいな書籍が出回っています。しかし、これらの「裏技」なるものはExcelのプロ、ベテランの方にとっては常識であるテクニックであり、実際には「裏」技でもなんでもありません。表のスキルです。
そういったスキルでも初心者にとっては有難く、お宝の情報に思えるものです。だからコンビニですらExcelの裏技集なる書籍を売っているのですが、これはExcelユーザーが実に大勢存在して需要もあるからです。

特許情報センターのサイトの使い方のマニュアルも、これで需要が多ければ私もコンビニ向けの一般書籍でも書きたいところなのですが、いかんせん、調査する必要のある方は日本全体で見れば少ないですよね。

だから、私が「知的財産について調査する必要とする方なら、誰でもコンビニでも買えるような、そして真にコンビニエントなマニュアルを作ってやろう」と、そうした意気込みでこの「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」を作りました。

実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜とは?

商品版の動画コンテンツはYouTube形式でアップしているので
Wi-Fi環境があれば自宅や出先でもスマートフォンで視聴し、いつでも気軽に復習して学ぶことが出来る内容になっております。

また、「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」の各動画はそれほど長くなく、要点を説明していますので、視聴に時間をかけずに知りたいことを学ぶことができます。
どうか繰り返し動画を視聴し、あなたの調査における疑問を解決し、この動画を素晴らしい製品やサービスを世に出す助けにしてください。

また、「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」は特許だけでなく、商標や、意匠に関しても解説しています。

こういう方にお勧めできます!

「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」はこういういったニーズに当てはまる方にお勧めしています。

  • 特許出願に関していままでに経験がある
  • しかし、拒絶されたことがある
  • 有効な対応策がなくて悔しい思いをした
  • これから特許出願をしたいがお金を節約したい
  • 自分で事前調査をして明細書を作りたい
  • その後の分析は弁理士に任せたい
  • 自分の専門分野なら誰よりもわかっている
  • トンチンカンな明細書で恥をかきたくない
  • 弁理士に発明を見せて「論外」といわれたくない
  • 商品やサービスの名前の信用を守りたい
  • 商標を活用してお金を作りたい
  • 他人との争いに巻き込まれたくない

逆にこの動画教材が向かない方もいらっしゃいます。こういう方には残念ながら本動画教材は必要ないと思います。

  • とにかく忙しくて調査に充当する時間的余裕がない
  • お金ならある。だから調査は外部にすべて任せたい
  • 単に自分で調べるのが面倒くさい
  • 何でも丸投げにしてしまうほうだ
  • そもそも自分で調べられるか疑問だ

ただ、本当に自分で調べられるか疑問だ、という方には以前、ご自分で特許情報プラットフォームを検索して挫折した方もいらっしゃるかもしれません。

福永の動画教材「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」では、いまいち分かりにくい特許情報プラットフォームの使い方について懇切丁寧に説明してあります。
なので、動画を何度でも視聴していただければ、ご自分で特許や商標、意匠などについて、特許情報プラットフォームを用いて検索するスキルが身についていることでしょう。

「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」なら様々な分野で必要な正しい調査の知識が身につきます!

いつでもどこでもOK動画教材
特許だけではない商標や意匠の解説
特許情報プラットフォームの使える機能の説明

実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜

お申込みはこちらから

特許って、結局どうすればいいの?弁理士 福永正也のニュースレターで解決!

メールアドレスを登録するだけで、特許に役立つ情報満載のニュースレターをお届けします!

「実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜」であなたが身につけられる知識

【第一章】特許1 特許および実用新案のテキスト検索について

  • ・簡易検索およびテキスト検索
  • ・公開公報と特許公報の調べ方
  • ・欧米の和文抄録、中国の和文抄録を調べるには?
  • ・項目指定による絞り込み
  • ・IPC、FI、Fタームとは?

【第二章】特許2 特許及び実用新案の番号照会について

  • ・公報番号がわかっているときの番号照会
  • ・文献単位でのPDF表示
  • ・出願からの経過情報を見る
  • ・審査書類情報の確認方法
  • ・包袋書類の取得方法

【第三章】特許3 特許及び実用新案の分類検索

  • ・Fタームによる分類検索
  • ・Fタームを簡単に見つける方法
  • ・パテントマップガイダンスからFタームを見つける!
  • ・IPC、FIも見つけてみよう
  • ・Excelへの出力方法

【第四章】特許4 検索精度を高めよう!

  • ・J-PlatPatのデータベース構造
  • ・検索方法とデータベース
  • ・テキスト検索の注意点
  • ・分類検索を信じるべき!
  • ・テキスト検索と分類検索とを併用するべし!!

【第五章】意匠 先行意匠を検索する

  • ・デザインの検索≒物品の検索
  • ・テキスト検索の使い方
  • ・日本意匠分類とは
  • ・意匠の類比判断の基本

【第六章】商標1 商標調査の基本操作

  • ・出願番号、登録番号に基づく検索方法
  • ・登録原簿で必ず確認
  • ・誤解しては危険!テキスト検索と称呼検索
  • ・類似群コードの使い方

【第七章】商標2 商標検索におけるJ-PlatPatの注意点

  • ・過去に拒絶された案件はヒットしない
  • ・検索されなかったといって過去に登録されていないとは限らない
  • ・図形やロゴで登録されている商標の称呼は注意!
  • ・図形商標でウィーンコードを使いこなす!

実践!特許情報プラットフォーム(J-Platpat)の使い方〜初級編〜

お申込みはこちらから

特許って、結局どうすればいいの?弁理士 福永正也のニュースレターで解決!

メールアドレスを登録するだけで、特許に役立つ情報満載のニュースレターをお届けします!

特定商取引法に基づく表記

運営業者

株式会社アイ・ティー・プロパティ

運営統括責任者

福永正也

所在地

大阪府吹田市江坂町1-23-5-504 大同生命江坂第2ビル

電話番号

06-6386-5000

お問い合わせメールアドレス

daihyou@hokusetsu-ip.com

販売価格

3,240円(税込)

商品代金以外の必要料金

なし

ご注文方法

お申込みフォーム

お支払い方法

銀行振り込みまたはクレジット(paypal)

引き渡し方法

ダウンロード

引き渡し時期

即日

返品期限

納期より7日以内。ただし商品が不良の場合のみ